アンゴラウサギの毛の価格はいくら?この兎の飼い方や値段も!

cf88506bb9fc5145acf111f59cd5cfeb_s
フランスの動物愛護団体がアンゴラウサギの飼育禁止を要請してるとか。なんでも、その毛抜きが酷いと、うさぎが可哀想だと・・・。ちなみに、このアンゴラウサギの毛がどのくらいの価格で取引されてるのか?あとうさぎ自体があまりに可愛いのでwアンゴラウサギ自体の値段や飼い方を調べてみました。

フランスの動物愛護団体がアンゴラウサギの飼育禁止を要請してるとか。

なんでも、その毛抜きが酷いと、うさぎが可哀想だと・・・。

 

だから、この高価な毛を目的にした飼育を禁止しろ!

ということのようなんだけど、

 

いや、それ飼育禁止の前に毛刈りの方法のガイドラインでも作ればいいじゃん。

 

代替案なき否定と言うのも、結構ひどいやり方だと思ってしまうのは僕だけなのか?

 

まぁ、そのへんのことは一旦置いておいて、

このアンゴラウサギの毛がどのくらいの価格で取引されてるのか?

あとうさぎ自体があまりに可愛いのでw

アンゴラウサギ自体の値段や飼い方

を調べてみました。


スポンサードリンク

アンゴラウサギの毛刈り隠し撮り映像

これが愛護団体が隠し撮りしたというアンゴラウサギの毛刈り風景なんだけど、

これ絶対隠し撮りじゃないだろw

やってる側はいつものことで、何ら悪気は無いから普通に撮影を快諾したんじゃないだろうか。

後半の黒い子なんかはかなりくつろいでるように見えるし、

実際アンゴラウサギは毛を定期的に刈ってやらないとストレス溜まるようです。

 

途中、確かに皮膚が赤くなってる場面はあるけど、

ソレって刈り方変えたら良いだけよね。

 

世界全体のアンゴラウサギの毛の生産の約90%は、動物保護法の整備が遅れた中国が占めている。

引用元:headlines.yahoo.co.jp

ということなので、禁止とか叫ぶ前に現地の人の考えを変えてやるのが根本解決な気がするよ。

ってか動物愛護団体ってそういう活動をするんだと思ってたけど。

 

あと、こんなこと言うのもあれですが、人間だって注射で泣く子は泣くぜ。

 

アンゴラウサギの毛の価格は?

高価な毛と言われているし、そもそもアンゴラウサギの毛何%といった服を見た記憶が無いので、

さぞお高いんだろうな~なんて思って調べてみると、

あくまで末端価格ですが販売してるところを見つけました。

ec5481fe7ed028f5c6627bc782888531出典:www.hitsuji.co.jp

 

100gで1250円か。

 

うん、サッパリ相場が分からんので高いんだか安いんだか^^;

というわけで、比較対象として高級なカシミヤはというと、

00e844f368011b1aebdb2106cc22c6e5出典:www.hitsuji.co.jp

100gで3000円。

流石にカシミヤのが高いのね。

 

で、アンゴラウサギの毛はモヘアと混同されがちということなのでモヘアを見てみると、

71ed7291b52a91fa591c13778e1baf74出典:www.hitsuji.co.jp

確かにコレを見たらアンゴラウサギは結構高いことが分かる。

そんでもって、さっきの引用であったけど、生産の90%は中国が占めている、

ということで、ほぼ独占状態ってのと為替の関係で余計に高価ってことなんでしょうね。

 

ちなみにどんな製品に変わるのかというと、

 

こういう帽子が多いらしいです。あとはニットとか。

ちなみにこれカンガルーって書いてあるけどw

素材はアンゴラが55%使われている。

 

8af18f1244183c79bc279cbfde5f7281

 

製品化しちゃうと価格はピンきり。

服ってブランドありきで相場とか無いですもんね。

 

ちなみにアンゴラ素材は相当暖かいらしいですが、

15%超えた位から極端に抜け毛が目立つようなので、

敬遠する人やお店も多いようですよ。


スポンサードリンク

アンゴラウサギって飼えるの?

結局のところ動物愛護団体どうのよりもアンゴラウサギが可愛すぎるってトコに目が行ってしまうよ。

45add12ebfd23ef3228aa4c42863fe94_s

で、調べてみたらドコにでも売ってるってほど手軽ではないにしろ、

専門店もあってペットとして飼うことは出来るみたいです。

 

価格は、眼の色や年齢などでピンきりでしたが、見つけたのは

5c6fa33e79eeaee3009095bb43efd725出典:houseofrabbit.weblogs.jp

あとはこんなのとか

dc589d56f67fb4c504613ff2c67ef42a出典:www.angora-okoku.com

 

飼育にはある種の覚悟も必要

で、きゃー可愛い!って飛びつくのはキケン。

結構飼育は大変なようです。

毛が長いので普通のうさぎよりもより低温な環境が必要なようで、

毛の長い子は、普通のうさぎよりも低温で飼育しなければなりません。
夏場、6-10月は電気代が5万円を超えてもよろしいですか?

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

長毛のうさぎの適温は一般的に14~21℃らしいです。

更に湿度にも敏感で45~60%くらいと、日本での飼育はそもそも向いてない気がします。

 

その他にも、毛を飲み込見やすいので毛玉症の対策をしたり、

毛に汚れが付きやすいので。常に清潔にしてやらないと皮膚炎や感染症になりやすいとか、

結構ベテランでも大変なようです。

 

なので、ぬいぐるみで我慢するのが良いんじゃないかと。

なんか調べたらちゃんとしたアンゴラウサギのぬいぐるみって無いんですね。

作りゃあバカ売れするんじゃないか?


スポンサードリンク


他の記事もぜひ


PREV:温野菜のブラックバイトの店舗はどこ?女店長の名前や画像は?
NEXT:iPhone7の総務省指定とは?背面のダサイ刻印の意味は何?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です