ジーン・ワイルダーの死因は病気?アルツハイマーの合併症とは何?

アメリカのニュースを覗いていたら、 俳優や映画監督で活躍したジーン・ワイルダーさんが2016年8月28日の夜、自宅で亡くなっていた という報道を目にしました...

アメリカのニュースを覗いていたら、

俳優や映画監督で活躍したジーン・ワイルダーさんが2016年8月28日の夜、自宅で亡くなっていた

という報道を目にしました。

 

83歳という高齢でしたので、何か病気を患っていたのかな?

と思ったら、発表では

アルツハイマー病の合併症と報じられていました。

 

これは、単に老衰ということなのか?

当然ながら医学は疎いもんで、

 

ジーン・ワイルダー氏の死因となったアルツハイマー病の合併症とは何なのか?

というのを調べてみました。



スポンサーリンク


アルツハイマー病とは

アルツハイマー病=ぼけ症状?

というくらいボンヤリにしか認識してなかったもんで、

そもそもアルツハイマー病って正確にはどんなものか?

というのを簡単にまとめると

 

  • ぼけ=認知症
  • アルツハイマー病→認知症の一種

ということで、

病と付くように、原因となるものがあって、

脳神経細胞にアミロイドβという物質が溜まり脳神経細胞が破壊される、

脳が萎縮する等の結果認知症の症状に至るということのようです。

ただ正確なメカニズムはまだ解明されていないのが現状のようです。

 

 

アルツハイマー病の合併症とは?

で、平たく言うと症状的にはボケということで大体合ってるようなんですが、

それの合併症ってなんかイメージ付かないですよね。

 

で、調べてみたら、単純に他のウイルスに感染しやすくなるとかといった感染症ではなく、

認知症状故に起こる2次被害のようなものを言うみたいです。

 

感染症によるもの

アルツハイマー病の合併症で1番多いのが、誤嚥性肺炎

誤嚥は「ごいん」と読みます。

食事の際に正しく飲み込めず、気管に入り込んでしまうことで、気管が詰まったり損傷することもあるし、

これによって感染が起こると肺炎になってしまうようです。

 

また、筋機能の低下などから尿管感染などを引き起こす場合もあるようです。

 

食欲低下による合併症

食欲が低下することから便秘になり、

腸閉塞を起こして亡くなってしまうというケースもあるそうです。

この場合、ご本人も痛みなどを訴えることが出来ない場合が多く、

家族と同居していても発見が遅れてしまって手遅れになってしまうケースも多いそうです。

 

また食欲不足による栄養失調や、脱水症もアルツハイマー病の合併症として扱われるそうです。

 

その他の合併症

アルツハイマー病の症状として運動機能の低下もあることから、

転倒による死亡の場合もアルツハイマー病の合併症として扱われることもあるそうです。

 

 



スポンサーリンク


あとがき

僕は医学には疎いんで、上記は説明の足らない部分も多いんじゃないかと思いますが、
アルツハイマー病の合併症とだけだとその死因ははっきりとは分からないんですね。

※アルツハイマーの合併症についてはこちらの記事等を参考にさせていただきました。

 

とは言え、83歳というのは大往生と言っても良いんではないかと、

個人的には思います。

僕の家系は大体60代で病死してるもんで・・・。

 

実際に、他の監督などからも惜しむ声もありつつも、

称える声が多く挙がっています。

 

↓ブルックス監督のツイート


 

 



スポンサーリンク


他の記事もぜひ



 

PREV:ゲス川谷絵音の通うダーツバーPはどこ?三茶お持ち帰り現場特定!
NEXT:金塊の重さってどのくらい?2600万円相当だと何kgになる?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です