奥泉光(小説家)の経歴は?代表作やデビュー作や受賞歴も気になる!

集英社などが主催する「第31回柴田錬三郎賞」に奥泉光さん(おくいずみ ひかる)の「雪の階(きざはし)」に決まったそうです。 おめでとうございます! &nb...

集英社などが主催する「第31回柴田錬三郎賞」に奥泉光さん(おくいずみ ひかる)の「雪の階(きざはし)」に決まったそうです。

おめでとうございます!

 

自分は小説はあんまり読まないですが、

こういった賞を受賞した方については気になってしまう性分で…

 

そんでもって、今回受賞された奥泉光さん、

名前からして気になるし、ていうか、どんな作品書いているのかも想像できない!

…ちょっと失礼ですかね。

 

ということで、今回は、柴田錬三郎賞を受賞した奥泉光さんについて調べてみました!



スポンサーリンク


奥泉光のプロフィール

まずは、奥泉さんのプロフィールを調べてみましょう!

  • 生年月日:1956年2月6日
  • 出身:山形県
  • 職業:小説家、近畿大学文芸学部・教授
  • 最終学歴:国際基督大学大学院
  • デビュー作:『地の鳥天の魚群』(1986)
  • 代表作:『石の来歴』(1993)

 

小説をあまり読まない自分ですが、

『石の来歴』はなぜか聞いたことあります。

いや、タイトルを聞いたことがあるだけで、内容はわかりませんよ?(笑)

 

そして驚いたのが、教授をされているとのこと!

文芸学部とはまた小説家にピッタリの学部ですね。

どんな講義をされれているのでしょうか?気になりますね…

受賞歴

名誉ある受賞歴についてはこちら

  • 野間文芸新人賞(1993)
  • 芥川龍之介賞(1994)
  • 野間文芸賞(2009)
  • 谷崎潤一郎賞 (2014)

 

 

なんと、過去に芥川賞を受賞されているんですね!

これを知らないとか言ってしまう自分が恥ずかしいです…。



スポンサーリンク


奥泉光ってどんな人?

小説の作風についてですが、主にジャンルはミステリー系のものが多いそうです。

その証拠に

  • 『「吾輩は猫である」殺人事件』(1996)
  • 『神器 - 軍艦「橿原」殺人事件』(2009)

というタイトルの小説も出しています。

 

特に、『「吾輩は猫である」殺人事件』では、かなり高い評価を得ているそうですので、

興味がある方は、一度読んでみてはいかがでしょうか?

 

趣味についてですが、実はフルート奏者でバンドを組んでいるだとか。

路上パフォーマンスもしているそうですよ!

「画像とかないのかな?」って探してみたら、イベント情報に関するツイートがありましたよ!

しかも、御本人リツイートしてます!

写真にあるフルート奏者が奥泉光さんです。若い!

え?現在62歳ですよね!?むちゃくちゃ若いじゃないですか!

自分も年取ってもこんな若々しくいたい!(笑)

 

さきほどちらっと、Twitterについて書きましたが、

その御本人のTwitterはこちら↓

こちらをチェックすると、音楽活動について情報がありますので、

もし興味があれば、こちらから確認すると良いかと思います!

 

…あ、ツイートをよく見ると奥さんもいらっしゃるようですね。

梅干し美味しそう…。

奥泉光についてまとめ

今回は、「第31回柴田錬三郎賞」を受賞された奥泉光さんについて調べてみました。

小説家としての執筆活動する傍ら、フルートで音楽活動もされる若々しい男性の方でした!

 

いや~、見た目も良くて文才、音楽活動していて妻子ありと、もう申し分ないですよね…

自分もこんなオトナになりたいです!

 

これからの奥泉光さんの活動や小説に注目です。

 

ちょっと本屋さん行ってきます(笑)



スポンサーリンク


こんなのもあります



PREV:大原櫻子のファンクラブ入会方法は?メルマガや特典内容も調査!
NEXT:「さくもば」と「さくらぶ」の違いって?大原櫻子のFCを比較!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です